クレジットカードの付帯保険ガイド

credit-card-hoken

多くのクレジットカードには保険が付いています。ここでは主に海外旅行保険について紹介します。

クレジットカード付帯保険の自動付帯と利用付帯

付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」と呼ばれる2種類があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 自動付帯
  • 旅行時に 自動的に保険が適用されます 
    ただし、保険を適用する際にはカード会社の電話番号やカード番号が必要になります。

  • 利用付帯
  • 旅行時に家から出国を行うまでの間に、公共交通機関やツアーの料金などを クレジットカードを利用して支払いすることで保険が適用になります 。適用条件として公共交通機関なのでタクシーを利用すると適用されなど、支払いに制約がある場合もあります。

疾病、障害補償額を確認

付帯保険には、死亡・後遺障害保険と、治療費などに対する疾病・傷害保険があります。死亡保険も重要ですが、海外での治療費が思わぬ高額になることもありますので、ここでは疾病・傷害保険に注目します。疾病・傷害保険付帯保険を確認するならまず自動付帯かどうかも確認しておきましましょう。

というのも死亡・障害保険とは異なり疾病・障害保険の場合は、所有しているクレジットカードのうち保険付帯のカードの合計額が支払われます。

例えば、所有している3枚のクレジットカードが全て保険付帯で各社300万円であればその合計600万円(最大額給付の場合)が支払われることになります。
※クレジットカードは、それぞれ別の会社である必要があります。

付帯保険ならこのクレジットカードがおすすめ

JCB EITカード

JCB EITカードには、自動付帯で最高2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険に加えて、国内外問わず年間最高100万円まで補償してくれる、ショッピングガード保険付き。

三井住友トラストVISAゴールドカード

ゴールドカードの為年会費は、少し高めなものの(2年目以降 税抜10,000円+税)、海外旅行傷害保険は最高5,000万円(自動付帯1,000万円+利用付帯4,000万円)の補償。また、国内旅行傷害保険も最高5,000万円まで補償されます。

更新日:

Copyright© クレカナビ , 2020 AllRights Reserved.