クレジットカードの基礎知識

総量規制とは

更新日:

総量規制って時々耳にするかと思いますが、どのようなものなのでしょうか?

総量規制は多重債務の抑止

総量規制とは多重債務者を減らしてこれ以上の増加を防止する名目で出来た過剰与信禁止規定で、個人が借りることの出来る金額を制限する目的があります。

総量規制は以下の法律に基き、

  • 改正賃金業法および出資の受け入れ
  • 預り金および金利等の取り締まりに関する法律
  • 改正割賦販売法

次の4点を柱としたものになっています。

  1. 借金総額が年収の1/3を超えていると新たな借入をさせない
  2. 1社から50万円以上を借りる時、および他社からの借入金を含め100万円以上を既に借りている場合は、源泉徴収票など年収証明書の提出が義務付け
  3. 借入情報は信用情報機関に集められ、賃金業者はこのデータを確認し年収や支払い能力の有無などを調査するように義務付け
  4. 貸付金利の最高限度が、年29.2から20%まで引き下げ

総量規制の対象外

総量規制で対象外のものがあります。それには以下のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • クレジットカードのショッピング
    ※リボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途割賦販売法が適用
  • 銀行カードローン
  • 自動車ローン

まとめ

多重債務者の抑止を目的として始まった総量規制ですが、これまで借入れしてきた人は借りれなくなるケースが発生し、破産や所謂ヤミ金とよばれる消費者金融で借りる人が増えてしまったようです。まぁ施行されてしまったものは仕方ないのでご利用は計画的にってことですね。

-クレジットカードの基礎知識
-,

Copyright© クレカナビ , 2018 AllRights Reserved.