クレジットカード利用に関する注意点

こんな人はクレジットカードの利用に注意しよう

更新日:

クレジットカードの使いすぎ

まだまだアメリカなど諸外国に比べてクレジットカード後進国な日本。クレジットカードはとても便利な半面使い過ぎたりする人もいます。

こんな人は要注意

あなたは以下いずれかに当てはまっていないでしょうか?
一つでも当てはまっている方は、クレジットカードで失敗をしてしまう予備軍です。

  • 趣味が多い
  • 趣味が多い人は注意です。お金のかからない趣味であればいいのですが、特にギターや釣り、ゴルフなど機材、道具が高価な趣味はつい使ってしまう傾向にあります。

  • 新しいもの好き
  • パソコンや携帯、家電など定期的に新製品が出るような物に目がない人は気をつけましょう。

  • 夜遊びが好き
  • 夜遊びは何かを買うわけでもなく、一回ハマってしまうと際限なくお金を使ってしまう傾向にあります。気づいたら1千万円使っていたなんていう話も聞きます。

クレジットカードの限度額を控えめに

上記に記載したような方は、是非クレジットカードの限度額を控えめに、もしくは限度額を下げてもらうことをおすすめします。そもそも限度額を低く設定していれば、上限いっぱいクレジットカードを使ってもそこで歯止めがかかります。

リボ払い・キャッシングは可能な限り控える

リボルビング払い(リボ払い)やキャッシングは極力控えます。

リボ払い・キャッシング自体うまく利用すればものすごく便利な機能です。しかしながら、計画的な返済が出来ない方はいつまで経っても返済出来ず借りる→返すの無限ループにハマってしまいます。お金の管理に自信がない方はリボ払いやキャッシングは利用しないようにしましょう。

クレジットカードの利用額は年収の20~25%を目安に

クレジットカードで失敗してしまう方は、是非年収額の20%程度に控えましょう。

一般的なサラリーマンでもこれくらいの額ならすぐに返せる額です。前述した利用限度額もこれくらいに設定しれいれば特に気にしなくいいかもしれません。もちろんクレジットカードを複数枚持っている方はトータルの利用額が年収の20%ということになります。

デビットカードを利用する

審査が無いクレジットカードってあるの?のページでも紹介していますが、デビットカードを利用します。デビットカードは、クレジットカードと異なり、カード使用直後に銀行から直接引き落としされます。このデビットカードであれば限度額=銀行残高なので使いすぎるということはありません。

まとめ

クレジットカードは、とても便利なカードです。しかし、よく言われるように魔法のカードでは決してありません。正しく利用して快適なショッピングライフを送りましょう(*´ω`*)b

現在、もし、借金問題を抱えているようであれば債務整理を検討してみましょう。
借金問題の解決方法はこちら↓
借金問題は債務整理の無料相談を積極的に利用すべき

-クレジットカード利用に関する注意点

Copyright© クレカナビ , 2018 AllRights Reserved.